未分類

聴勁は武器にも役立つ

投稿日:

今日練習してたら、いきなり刺股が届きました。刺股ですよ。そう言えば川嶋先生が注文してたことを思いだしました。

早速みんなで研究しましたが、なかなか使いこなすのは難しい。

個人ではなく、大勢で暴漢に立ち向かわないと無理。川嶋先生の研究を待ちたいところ。

しかし、武器を扱うと接触と聴勁が発達します。太極拳の四正推手も自由に行うと非常に実戦的。基本はポンで押し飛ばし。肩と肘を押します。相手が頑張ったらその動きを止めずにリー。肘を制します。それでも頑張ったら、前傾する相手の上体に直角のベクトルで吹っ飛ばす。これは鄭慢青などが得意にしていた太極拳の極意。

この時には腹や胸、肩など体幹を使うのがコツ。タイミングを合わせると相手は簡単に吹っ飛んだり、転がったりします。

太極拳の推手はまずはこの三動作から入るとスムーズに実戦に移行できます。

正面の敵と戦う暴漢に背後から膝崩し。

そのまま首と胴を斜めに挟み、

首を捻り倒す。

四正推手からの1は肘と肩を押し飛ばす。

2はそのまま肘を制し、リー。相手を床に叩きつける。

3は頑張る相手に体当たり。腹でもOK

この3つを使いこなせると推手は面白くなりますよ。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2021 All Rights Reserved.