未分類

ムエタイの肘には発勁がある

投稿日:

日本人がうまくできないムエタイ技の一つが肘打ち。日本では肘ありルールが少ないので、どうしてもノウハウの蓄積がない。

きょうは、縦肘と横肘をウィラサクレック会長に教わりましたが、いずれの肘もポイントは胸を張ること。身体全体を大きく伸び上がるように使う。マニアならもうピンと来ますね。そう、肘打ちの瞬間に胸を張るのは、武壇八極拳の特徴。我々はこれを順式呼吸、フンの呼吸と呼びます。昔から肘打ちは胸を張ると教わってきましたが、まさかムエタイの極意も同じとは。

縦肘の動きはアッパーの時と同じ。体幹はどちらも胸を張る。タイ人のアッパーのフォームは昔からきれいだな、と思っていましたが、なるほどこんな体幹の使い方をしていたからですね。

ムエタイにも武壇と同じ発勁動作があったと言うことですね。

胸を張り、身体で弓を作る横肘。

縦肘は、胸を張りつつ、身体ごと飛び込む。

全くアッパーと体幹の使い方は同じ。

ウィラサクレック会長の秘伝。ケンカの時にはごめんなさーい!と言いつつ縦肘。しっかりガードしてるので、自分は安全。胸を開くと一発で相手はノビます。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2020 All Rights Reserved.