未分類

格闘技では有り得ない突き

投稿日:

今日は八極拳クラスの人が多かったので、八極の発勁練習。

とくに李書文が得意とした欄捶。

この技は槍でなく剣の動きを元にしています。

晩年の李書文は槍だけでなく、剣も強かったのです。

剣で有名な張譲伍にも剣で勝ってしまいましたが、その時用いたのが欄捶。

まずは李書文の動きを剣で再現してから素手の欄捶へ。

斜め横に出ながらの突きなのですが、皆どうしても右足を着地してから、もしくは着地と同時に打ってしまう。

本当の上級者は着地前に打つ。これが李書文の打法なのですが、皆できないですね。

よねっちが、体重が左にあるうちに目標に当てていたのでギリギリセーフか。

拳が先に目標に当たってから体重移動をすると運動エネルギーはほぼ100パーセント伝わる。

川嶋先生が相対軸で明らかにした打撃の科学が、李書文の打法。

しかし、頭でわかっていてもなかなかできない。つい、着地と同時に腕を伸ばし、パワーを入れようとしてしまいます。

本能と逆行するので難しい。

第二の本能を作るつもりで武術の動きを素直に行っていくのが、一番の近道かもしれませんね。

相手の右の突きに対して 

右足を右前に出しつつ右の突き。

左足が少し寄りインパクト。

左の突きに対しても同様。

右足を着地して右の突き。本当は着地前に突きたい。もっと速く突ける。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2021 All Rights Reserved.