オンラインBUDOカレッジ 山田英司 沈剛

按の内勁を知れば太極拳は強い

投稿日:

例えば按。これは両手で押す技として太極拳では良く説明されます。しかし、呉式では按は水のように上から下に流れこみ、相手の硬直ポイントやスキのある場所に静かに浸透していきます。

この考えは昔の実戦的な楊家も同じだったようですね。今の24式は楊班侯でなく、健侯、澄甫の流れなので、両手は下から押し出します。このフォームは昔から疑問でしたね。

ちなみに私が蘇昱彰先生から学んだ楊露禅系の太極拳の双按は耳から下に落としていくフォーム。全体的に沈剛先生の太極拳と戦闘理論や動きが似ています。

伝統の太極拳には共通の趣きというものがありますね。

こんな深い太極拳の奥義もBUDOカレッジでは公開していくので楽しみにしていて下さいね。

推手の中で相手の硬直を感じたらそこに流れ込んでいく。これが按の内勁です。

 

 

 

-オンラインBUDOカレッジ, 山田英司, 沈剛

Copyright© BUDO-STATION , 2020 All Rights Reserved.