• 春の新歓キャンペーン
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION

BUDO-STATIONブログ BUDO-STATIONブログ カリ ジークンドー ジークンドー 山田英司 竹内一馬

元旦からジークンドー

投稿日:

BUDO-STATIONは休みません。大晦日は拳功房の練習でしたが、元旦の今日は竹内先生のジークンドーとカリの合同練習。
ジークンドーの稽古では、パンチとビルジーの様様なバリエーション。これが体系だてられており、さらに2人で組んで対打。
複雑な伝統の技が、ジークンドーでは見事に体系だてられています。先日、未整理の伝統の技は、体得した人間がそしゃくして伝えなければ、その凄さが伝承できない、と言う事をかきました。
今日では、倉本先生の武学や、川嶋先生の内発動理論など、伝統の技法をそしゃくした理論が見られるようになりましたが、これらの作業は、実力と経験だけでなく、分析力と論理的思考が必要になる為、誰にでもできることではないでしょう。
そう考えると、ブルース・リーがあの時代に伝統の技をこれ程体系化したのは驚くべきそしゃく能力ですね。
今日はジークンドーの後ろ回しに相当する蹴りの指導もありましたが、空手やテコンドーの動きとは全く異なる武術的な動き。私は昔、馬家の戳脚(後ろ蹴りを多用する門派)の動作も学びましたが、その時は実戦にどう使うんだろうと疑問でしたが、ジークンドーの後ろ回し蹴りを学んでその疑問も氷解。まさにブルース・リーのそしゃく能力に脱帽です。映画の中では大きく回す後ろ回し蹴りを見せていましたが、そのベースにはこうした身体操作があったんですね。
ジークンドーも知れば知るほど奥深い。 

受けと攻撃を同時に行うのがジークンドーのコンセプト。時間も距離も最短で行います。

ビルジーのカウンターの体系。有効ですが、格闘技では禁止技。でも護身には有効です。

後ろ回しは前足の踵を前に向けたら、

擦り上げるように最短コースで足を上げ、一瞬で振り切る。非常に見えにくい軌道で蹴りがきます。

-BUDO-STATIONブログ, BUDO-STATIONブログ, カリ, ジークンドー, ジークンドー, 山田英司, 竹内一馬

Copyright© BUDO-STATION , 2018 All Rights Reserved.