• BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • 夏の新クラス ゾクゾク! キャンペーン

BUDO-STATIONブログ BUDO-STATIONブログ 山田英司 竹内健二

恐るべき竹内太極拳ワールド

投稿日:

BUDO-STATIONで一風変わった雰囲気が竹内健二先生の太極拳クラス。生徒さんのほとんどが年輩の女性。じゃ、やってることが軟弱か?と言うと非常に高度な内容だし、生徒さんも良く身体が動く。格闘技から入った人、とくに男性は脱力して動くのに苦労しますが、戦うことなんて考えずに、素直に先生の動きをマネしようとする女性の生徒さんは、当たり前のように脱力して、柔らかな動きをバランス良く行える。
それが私にはカルチャーショックでしたね。ひょっとして、男性にとって一番難しいのは、脱力以前に、戦うことなんて考えずに動く、ということかもしれません。
そして、表演の人が、皆素晴らしい身体操作を行えるのも、相手ではなく、自分の身体と正面から向き合う時間をしっかり取っているからでしょう。だとしたら、そこに武術体を得る為の大きなヒントが隠されている気がします。
竹内先生の太極拳クラスを見学しながら、そんな事を考えていました。

竹内先生の太極拳は毎週金曜一時から。太極拳ワールド全開です。

42式の突き。四六から

馬歩。この時胸を緩め、拳は正中線。

そこから弓式で発剄。実は武壇の秘伝馬弓捶と同じですが、脱力して行える人は本当に少ない。

こちらは42式劍。皆素晴らしいバランスです。

劍の手の操作を相手の腕で行うと禽打になります。これは親指と人差し指で挟む動き。

上体は手首に剄が伝わる瞬間、

上体は逆方向に戻る。相対軸の引き伸ばし。これも八極や陳式の上級身法で、皆なかなかできません。

-BUDO-STATIONブログ, BUDO-STATIONブログ, 山田英司, 竹内健二

Copyright© BUDO-STATION , 2018 All Rights Reserved.