未分類

武壇八極秘伝の前足箭疾歩

投稿日:

武壇八極拳の秘伝が高く足を上げる箭疾歩。今では伝えられなくなりましたが、蘇昱彰先生が若い頃一番やり込んだ歩法。松田先生も重要視されてました。

じゃ、なぜそんな歩法が必要か?

今日の練習ポイントはそこ。

構えから前足を水平に上げると、ノーモーションで身体が前に行く。後ろ足で蹴るのでなく、前足が先。後ろ足は前足に引かれ、前足が着地してから、跟歩として寄ることが重要。

前足がスッと上がり突きを出すとノーモーションなので避けにくく、重く、長いインパクトの突きになります。

これが八極のウリなのですが、皆スッと上げて身体を進めるのができない。

松田先生の弟子達は私を含めて皆やってたんですけど、なぜ今の子ができないのかナゾですね。

しようがないので、ミットや対打や棒を使った前足をスッと出すことに特化して練習。

八極の強さの秘密は全てこの歩法から。伝統武術はできると世界が変わりますからね。

前足をスッと上げると身体は前にグンと引かれます。

前足着地で突きは目標に。

後ろ足が寄り、背中まで貫く。

よねっちもかなりいいけど、もっと身体が一直線になり、前に行ってほしい。

棒を使って前足をスッと出し、骨盤と肩を使って棒を押し出す。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2020 All Rights Reserved.