• オンラインクラス
  • 初心者大歓迎!ウィンターキャンペーン中
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION
  • BUDO-STATION

BUDO-STATIONブログ 山田英司 拳功房

顔面と金的ありが武術の土台

投稿日:

武術トライアルを一回体験しただけで、様々な発見があり、練習内容にも影響を与えます。まず、近い間合いから、相手が「ウワー」と大声を上げて迫ってきたら、大抵の人は身体が浮いてしまいます。沈めた方がいいとわかっていても慌てると重心は浮く。だから膝を抜いて沈墜が必要なのですが、型をやり込んで身に付いていないと咄嗟の時にでません。沈みつつのカオが八極拳でも太極拳でも最重要技です。
その練習を日頃からやっておかねばいけないのですが、それに必要なのが安全具。
浜井師範のドラグローブやついたばかりの少林寺拳法公認の金的カップは多いに活躍しています。
カオは正しく行うと腕が相手の金的を打ち上げる形となり、これが金的禁止だとやりにくい。膝蹴りも同様。ムエタイ式の膝蹴りを行おうとしても、初心者は金的に当ててしまい、なかなかきれいにボディに突き刺さりません。しかし、実戦ではむしろこれでいい。金剛搗碓や、金鶏独立なども、膝で金的を蹴り上げる要領で行うとアッパーでアゴを捉えやすい。
いわば中国武術の技は金的や顔面への接触が禁じられると効果的な技が出しにくかったのです。
格闘技的バイアスがかかっているとなかなかこの事に気づかないものです。


右手が金的を捉えると右肩も相手の中心を捉えられます。

金的膝蹴りと同時に出す金剛搗碓。上下同時攻撃はよけにくい。


アッパーと金的攻撃の相打ち。ボクシングではあり得ない攻防になり、防御も変わってきます。

-BUDO-STATIONブログ, 山田英司, 拳功房

Copyright© BUDO-STATION , 2019 All Rights Reserved.