未分類

喧嘩術はアラカルトだった!

投稿日:

喧嘩術の何が凄いって環境を武器化する発想です。技は身体の外にあるわけです。

でも、格闘家だけでなく、武術家もつい、自分の身体の中に技があると思い込んでしまいがち。

それに気づいたのは一昨日。

三ツ山さんに高級フレンチのお店に招かれ、メニューを見てアラカルトを選んだからです。

こんな店にはめったに来れないので嬉しくてひらめきました。

これはロランバルトの記号学の統合である。

体系が技なら統合のアラカルトは護身術ではないか。

これが福さんがいいたかったことか!と思いつつビーフの角肉を選んでしまいました。

そんな喧嘩の極意を林先生はもっとわかりやすく教えてくれます。

まずは環境の武器化と質量をいかした攻めから理解しましょう。

https://youtu.be/G3ICNGCsMaE

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2021 All Rights Reserved.