未分類

松田先生の追求した突きを練習

投稿日:

松田先生の本には、珍しく筆者の生年月日が記載されています。

193866日。そう、今日は松田先生の誕生日です。

私が「ダミアンと誕生日一緒ですね。」と言うと、少しムッとされてました。

そう言えば、「俺は吉野家と同じだ!」と言うので、私が「安い、うまい、速い、ですね」と言った時もムッとされて「いや、突き一筋60」とおっしゃっていました。

今生きておられたら、83歳ですね。

だから、今日は松田先生が追い求めた突きの練習。

特に形意拳の突きは重要です。

腕の力を一切使わずも、拳に身体のベクトルが乗る。

讃拳も、腎を落とすことにより、相手の身体をふわりと浮かし、飛ばしてしまう。

やはり形意拳は奥深い。

三体式から。

相手の突きを圧手しつつ、蓄勢。

腎を落としつつ相手の身体を浮かし、

吹っ飛ばします。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2021 All Rights Reserved.