未分類

寸勁は組み手で使うと恐ろしい威力

投稿日:

昨日の川嶋先生の崩導も面白かったけど、拳功房も負けてませんよ。いかにノーモーションで打つか?いかに威力を出すか?は打撃の二大テーマ。

松田先生は拳法の目的を1.絶対に当たる突きの追求2、絶対に倒せる威力の養成、と明確に語っていました。

この二つは通常は矛盾する。当てる為にはできるだけ手打ちがよく、威力を出す為には全身を使った方がいいからです。

そこで、松田先生から学んだ八極や形意拳は、突きの前半は手打ちでとにかく当てる。当たったら、身体全体で押し込む。この時形意拳の跟他のように、後ろ足を寄せる。

ここまではわかりますね。問題はここから。発勁は、実はこの時行うのです。

前半で行ってはいけません。松田先生曰く、「相手の身体に届いたら爆発させる」のです。それが爆発勁です。

今日生徒に指導し、実験したら恐ろしい威力でした。

組み手で試しても、相手は一発でダウン。危うく心臓震盪か?というシーンもありヒヤリ。伝説の技の理論化も進み、今や誰にでもできるように体系化されつつあります。

ミットを持つ相手は気配を感じたらよける。よけるミットに当てなければなりません。これで突きは手打ちで早くなる。

でも、速いだけじゃダメ。後ろ足を寄せつつ呼吸を入れた爆発勁。

ストレートだけでなく、フック系も可能。これは圏捶。ボクシングのフックとは違う素手の打ち方。これも威力バツグン。

最後は接近した間合いでのパンチを確実にかわしつつ寸勁で反撃。軽く触れただけでも、相手は立ち上がれません。寸勁は全身の様々な場所から発せられます。

-未分類

Copyright© BUDO-STATION , 2020 All Rights Reserved.